« 除湿機がやってきた! | Main | 足裏マッサージ »

Talking each other without words

Guitarists.JPG

おなじみJMさんのTB企画「JMB連携TB企画 第39弾/音のある風景」に参加のため、古いエントリーに加筆します。


5月30日(日)のLove&Piece Live at Woodstockのワン・シーンです。

左は加茂さん、右はいたるくん。Little Wingのソロ合戦が続いて佳境に入るところです。

なんかね、プレイのタイプはお互い違うんだけど、音を通じてちゃんとお話ができてるような、そう思わせるワン・ショットです。
いいねぇ、ギタリストどうし。お互い言葉がなくても意気は通じてるんだろね。

演奏は聴いてて楽しめましたよ。ソロをとる2人の気迫が伝わってきて。


Love&Piece Liveは9月まで野外ですね。
こんな雰囲気で、マッタリ楽しみましょ。

*--- 2005/4/24 加筆 ---*
「音」とか「音楽」ってあらかじめ準備されてるものじゃなくって、「聞きたい!」とか「演りたい!」という気持ちから自然発生的に出てくるもんじゃないかと思うんです。

この写真も「音を出したい気持ちがあって、皆が音を出し合って、ひとつの音になる」そういう刹那を捕らえた風景です。「音が生まれた瞬間」の風景です。

この日、ライブが一通り終わって、演奏者の熱が覚めやらぬなか自然に発生したセッションでの一風景です。誰とも無く楽器を持ち出して、鳴らしてるうちに「じゃやろう!」という雰囲気になって、簡単な打ち合わせの後演奏が始まりました。
演奏したのは「Little Wing」(スティービー・レイ・ボーンのバージョン)。
左の加茂さんは主に60年代のブルースを得意とする生粋のブルースマン。右はウチのバンドのギター弾いてるいたるくんで、チャーとスティービー・レイ・ボーンを愛するロックギタリスト。スタイルが違うし、表現もぜんぜん違うんですが、お互いに触発されてひとつのテーマに収束していく、そんなイイ演奏を見ることが出来た日でした。

SRVGratestsHits演奏した元の曲はこのアルバムで聴けます。
「Little Wing」も色々な人が演奏してますが、このSRVの演奏したものは絶品。インストですが、SRVのストラトがココロかきむしるような歌い方をします。
試聴はココがいいですかね。


|

« 除湿機がやってきた! | Main | 足裏マッサージ »

Comments

オレ、真っ黒なんだけど。
なにじん??

Posted by: いたる | May 31, 2004 at 09:02 PM

もうちょっとで暗闇に紛れ込むことができるな・・
元の写真わたすから色の補正する・・・?

でも確か実際にこんな色してた様な気がスル・・

Posted by: 北さん | May 31, 2004 at 09:19 PM

北さん、こんばんは。
わー素晴らしいお仲間たちですね。楽しそう。
座ってくつろいで弾いてらっしゃるのが自然でいいですね。
「Little Wing」、試聴させてもらってきました。
写真と演奏が重なりましたよ~。


Posted by: ワルツ | April 24, 2005 at 10:52 PM

>ワルツさん、
どーも、すばやいコメントありがとうございます(^^
いやー、野外だったし、イー感じでしたヨ、ホント(^^
ビールもうまかった。

Posted by: 北さん | April 24, 2005 at 11:01 PM

北さん、こんばんわ。
ほんと、素敵な仲間をお持ちで、羨ましいです。
写真から奏でるギターの音が聞こえてくるようです。

Posted by: Kanko | April 24, 2005 at 11:07 PM

はじめまして。
そうそう、アンサンブルって、コミュニケーションそのものだと思うのです。皆で決められたことをその通りでは、生まれてくるものが無いですよね(^^。
ぼくも昔はバンドやってて、メンバーと音で分かり合えた瞬間を想い出しました(^^。

Posted by: califso | April 25, 2005 at 12:15 AM

あ、あれ?こちらも北さんだったのですね?
ごめんなさい、はじめましては余計でした(^^;。

Posted by: califso | April 25, 2005 at 12:18 AM

>kankoさん、
このライブハウスは田舎にあってね、集まる人もみな素朴な人が多いです。いいとこですよ(^^
>califsoさん、
そうそう、それがバンドの楽しいところですよね。音で話をする。(^^

Posted by: 北さん | April 25, 2005 at 08:48 AM

そっか、実際の演奏シーンの写真だと、本当に聴こえてきそうですね!
いいな~。こんな風に野外でやってみたいな~。きっと気持ちよくてずっとやっちゃうんだろうな(笑)。
SRVのバージョン、凄いですよね。
ギターの音色が素晴らしいです。
さすがアンプバカ(褒め言葉)ですよね。
あれくらい極めるオタクが日本人にもいたら面白いんでしょうけど。

Posted by: キタガワ | April 25, 2005 at 10:07 AM

>キタガワさん、
それはもう、その演奏がずっとずっと続いて、夜もそのままずっとずっと続いていくような演奏でしたよ(^^
やっぱりこれからは野外です!!

Posted by: 北さん | April 25, 2005 at 10:52 AM

イイですね~こういうの。
ニヤニヤしちゃいますね、なんか。
ギターとビールのアンサンブルに酔う初夏の夜。
最高ですね!

Posted by: 甘木 | April 25, 2005 at 11:19 PM

>甘木さん、
そうでしょ?(^^
生演奏と生ビールを野外で・・
ビールと音は良く合いますよね(^^

Posted by: 北さん | April 26, 2005 at 02:11 AM

おじゃましてます。
凄いですね、現役でバンドやってらっしゃるんですね。
僕は30歳で飲み屋のハコのバンドが解散して、それっきりです。
その後は結婚式で弾くぐらいですね。(笑)
北さんのMP3を聞くと、なんかうずうずしてきました。(笑)
それと釣り。私はバスはやったことがないですよ。海釣り専門。
それも受験中なので控えてます。(笑)

Posted by: ハンコック | April 26, 2005 at 06:41 AM

>ハンコックさん、
どうもコメントありがとうございます。(^^
バンドは学生時代にやってからとんと遠ざかってたのですが、40代になってからのリバイバル組です。なかなか思うように弾けなくて七転八倒中です。(^^;;
でも、おもしろいですヨ。
中小企業診断士の試験は大変ですよね、がんばってください、応援してます。(^^

Posted by: 北さん | April 26, 2005 at 09:18 AM

北さん、遅レスでごめんなさい。
TB&ご参加ありがとうございます。
昔Bandやってましたので自然発生的に出てくる感じ、
よくわかりますよ。
LittleWingいいですねー。
HiramBullockのバージョンが好きなんですよ、。

Posted by: JM | May 01, 2005 at 09:12 PM

>JMさん、
どーもいらさいませ(^^
Bandやってた方ならわかると思います、この雰囲気(^^
ハイラム・ブロックの今度聞いてみますね。

Posted by: 北さん | May 02, 2005 at 01:03 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29701/686847

Listed below are links to weblogs that reference Talking each other without words:

» JMB連携TB企画第39弾は『音のある風景』 [◆ ワルツの「うたかた日記」 ◆]
JMさんのJMB連携TB企画第39弾は『音のある風景』 JMさんの今回のお題は、『自分が撮った写真とその写真に流れる音楽を考えよう』という難しいテーマ。私はいつもぼけぼけ写真しか撮れないので、皆さんのを眺めさせてもらおうと思ってたんですが。うなさんの写真を見せても... [Read More]

Tracked on April 24, 2005 at 10:53 PM

» 音のある風景 [Think positive]
JMBのTB企画第39弾『音のある風景』に参加します。お洒落な音楽雑誌とか、ジャケとか、ライブハウスとか...ちょっと普段の私には縁がなく。(泣)普段の私の音楽 [Read More]

Tracked on April 24, 2005 at 11:08 PM

» Forenoon(午前中の緩い日差しと風) [Slack Key Days]
「午前中の緩い日差しと風」の写真とその音。 [Read More]

Tracked on April 25, 2005 at 12:11 AM

» JMB連携TB企画 第39弾/音のある風景 [グレイトノスタルジア]
またまた出ました。JMさんとこのTB企画。ここんとこ黄昏マニア化した私の背中を押して下さったMusicmanさんに感謝しながら今回も参加してみようかな、と思います。でも今までもたくさん撮ったうちのベストばかりをここでアップしていたのでせっかくだからその中でも特に好き... [Read More]

Tracked on April 25, 2005 at 12:24 AM

» JMB連携TB企画 第39弾/音のある風景 [unaG]
楽しい企画が多くて、忙し嬉しいウナでございます。JMさんの次のTB企画は「音のある風景」。音楽が聴こえてくるような写真と、BGMになるアルバムを紹介せよ、ということです。これから写真を撮るとなると来年までかかっちゃいそうなので、過去写真を思い出してみたところ、こ... [Read More]

Tracked on April 25, 2005 at 01:16 AM

» 完全に反則。ごめんなさい。 JMB連携TB企画 第39弾/音のある風景 [夜ふかし☆スィートミュージック]
真夜中。桟橋の先で、ただただ流れる河を見ていた。 [Read More]

Tracked on April 25, 2005 at 10:02 AM

» JMBYB39 音のある風景 [SukuSukuPu-san]
ここ数回参加できず、今回も完全に出遅れた、JMさんのTB企画。自分で撮った写真と、それに合った音楽を、ということ。いつもすてきなお題なんだけど、今回はさらに個人的に琴線がディストーションを起こした。で、写真は、何を撮るかではなく、どう撮るかに集中してみた。 .... [Read More]

Tracked on April 25, 2005 at 10:31 AM

» 音のある風景/JMB [まるめてポイ。]
不肖まるめてポイ。も参加させていただいているJapanMusicBlog。主催者JMさんのjm's myTasteでJMB連携TB企画第39弾が発表されました。そのお題は「音のある風景」というコトで。音が聴こえてくるような写真を挙げて、そのBGMも選択してくれと。コレまた難しいお題を…でもいつもとは一... [Read More]

Tracked on April 25, 2005 at 09:54 PM

» CARMEL [或る「享楽的受験日記」伝]
JMさんの”JMB連携TB企画第39弾/音のある風景”へのエントリーです。 音のある風景って何だろうと考えても、発想が貧困で何も浮かんでこないので、いつものようにCDとLPのジャケットを見まわして、わりと早くみつけたのが、ジョー・サンプルの「カーメル(CARMEL)」(1979年)、日本語題は「渚にて」です。 彼の名前のアルバムとしては「虹の楽園」に続く2枚目で、アルバムのコピーをみると「モンタレーの芸術家村カーメル�... [Read More]

Tracked on April 26, 2005 at 08:54 AM

» JMB連携TB企画 第39弾/音のある風景 [jm's myTaste]
JMB連携TB企画、第39弾は一部先行予告を裏切るお題です。あの人がらみのネタは次回に持ち越しです。なぜなら発売日にリリースされるかどうか微妙だからね。なのでそれは次回にやります。 JapanMusicBlogについてはお陰さまで登録数=314となってまして、いろんな人との繋がりや、いろんな音との出会いがすごーく面白いこの頃です。これも参加頂いている皆様あっての事。深く感謝しています:) �... [Read More]

Tracked on May 01, 2005 at 09:06 PM

« 除湿機がやってきた! | Main | 足裏マッサージ »