« September 2004 | Main | November 2004 »

トラウマ

たまにはまじめな事も書いてみようかな・・ (つうか初めてだなぁー)

新潟中越地震は時が経つにつれてその生々しい現場の状況が伝わってくる。大きく崩れ落ちた山、アスファルトの瓦礫となった道、原型ををとどめない建物、マッチ箱のように土砂に流された民家・・ どれもがつい先日まで生活の現場となっていたものばかり。

震度6のだともう「揺れ」では無く、ミキサーの中に放り込まれたのと同じらしい。揺れが収まってみれば前述のような非現実的な風景。生活基盤が全て破壊された真実。多くのけが人と死人、地獄図・・ 

ウチの母親が神戸の震災で被災している。実家はそのとき一番ゆれが大く被害が大きい区域だった。幸い実家や知り合いは存命で家も壊れなかったが、母親は寸でのところで死をまぬがれ、脊髄骨折の重傷を負った。自身も傷を負い地獄のような風景を脳裏に焼き付けられ、その後しばらく地震が来るたびにそれを思い出し、おびえていたのを覚えている。

TVで、余震の中で怖がって泣き叫ぶ少女が映し出されていた。彼女も心に深い傷を負ったのだろう。目で見える被害はショッキングなものが多いが、こういった見えない被害は深く潜在し長く残っていく。

ボクが今の生活の中で被災者にできることはわずかでしかない。彼らを直接不幸の闇から救ってやることは現実問題として無理。わずかながら無力感・・・ できることから協力していくことしかないだろう。募金はしてみた。あとは彼等・彼女等の心の闇を理解してみる様に努めてみようかな・・・と思う。

今日、昼飯食いながらTV見てて、ふとそう思った・・・・・

| | Comments (5) | TrackBack (0)

ボクと海とウマズラと・・

kurobecup.jpg
(「くろべえカップ」参加者一同、表彰式の後・・)

先週の日曜日、生まれて初めて海で沖釣りというものを体験してまいりました。
Tricornのギタリストいたるくんの友達でネット知り合いでもあります「くろべえ」さんの手配で今回実現の運びとなりましたです。

ここんとこずっとバスとヘラブナばっかりつってるモンで、自分で釣った魚を食ったのは10年以上にもさかのぼります。海釣りも初めてとあって期待と不安がごちゃ混ぜでしたが、くろべえさんのご手配ですべてが円滑に進みました。くろべえさん、感謝です。(^^

朝7時に平塚の「庄三郎丸」から出船、懸念された台風も来ずほとんどベタなぎ状態、ほとんどピクニック状態でしたね。日ごろの行いが・・・よかったかどうかは天気に聞いてみるとして、帰りには大漁旗を掲げて帰れるほどタップリ釣れたでス。

今回は「くろべえカップ」と称し商品を持ち寄っての釣り大会、釣った数を自己申告するというステキなルールのもと60806尾釣ったヘコさんが優勝、わたしはなんと「6位優勝」という生まれて初めての大変名誉な賞をいただき優勝カップをいただきました。(^^;

釣れた魚は、同行しましたヘコさんの奥さんのご実家であっという間に極上の刺身に変身!ご主人秘蔵の焼酎たちと一緒に堪能させて頂きましたです。アジは塩焼きとなめろう、ウスバハギの刺身の肝あえ、ホウボウとカツオは刺身で・・・あーご・く・ら・く・・・♪

下の写真は、ウスバハギ(ウマズラ)さんがご存命のころのワタシとの2ショットです(^^

kurobecup2.jpg

| | Comments (8) | TrackBack (4)

タイムスリップ!?

utagoe.jpg
こないだ八王子にいって車止めたら、こんな看板がありました。

「うたごえ喫茶」・・・

オレの生まれる前にそういうのがあったとは聞いていたが・・・
現存するのか、八王子では・・

いまだ昭和30年代の八王子からの中継でしたー!

| | Comments (17) | TrackBack (0)

« September 2004 | Main | November 2004 »