« October 2004 | Main | December 2004 »

久々のライブじゃ~!TRICORN!!

tricornwood20041128.JPG
いや~、TRICORN久々のオリジナルメンバーでのライブだなー。っつうか、オリジナルメンバーではまだ3回目だな(ナンダソリャ!
普段釣りには一緒に行ってるから、いつも一緒にいる様な感じでしたが、意外だなぁ・・
と、戯言はよいとして、久々のフルメンバー(つっても3人)でのライブです。11月28日(日)にWood Stock「Love & Piece Live」に参加してきました。
前々日の金曜日に1年ぶりにスタジオで顔合わせ、新曲も少し取り混ぜて合わせた後、日曜日の本番に突入!うちらは6番目の登場、午後10時頃のスタートとなりました。
前回は同じチャーながらPSYCHEDELIX系が多かったですが、今回は「Dazed」の1曲だけ。残りはチャー2曲とスティービー・レイ・ボーンの曲が3曲。スティービー・レイ(こういう呼び方でいいのか?>いたるくん)、一挙に増えました。さすがいたるくん、フリークやね。
今回なんとワタクシが一曲唄うという大技も出まして、推定5万人位の観衆の方もさぞや満足されたかと・・
マジな話、「Little Wing」(スティービー・レイのはインストだけど、無理矢理歌を突っ込んだ(^^; )を歌いましたが、録音したのきいて、しんなり・・・・・ なんかヒキガエルがあくびしてるみたい・・・ まあ、初体験だから許してもらおうか。次回までにはもっと腹筋を鍛えておこう。
いたるくん(G)、のってたねぇ。ボニーレイットモデルのストラトがうなってたよ。
高津クン(Dr)は相変わらずうまいっすなぁ。全幅の信頼を寄せとーりますです。

さて、当日のセットリストです。


Smokey/チャー
But Your Love's 4 ever/チャー
Little Wing/スティービー・レイ・ボーン(ジミ・ヘンドリックス)
Dazed/Psychedelix
The Sky Is Crying/スティービー・レイ・ボーン(エルモア・ジェイムス?)
Close To You/スティービー・レイ・ボーン(マディー・ウォーター?)


余談ですが、スティービー・レイの曲は皆カバーですけど、これががカッコいいんですねぇ。(^^ この人のギターはそそられるわぁ、ホンマ。
あと、そうそう、Wood Stockのベースアンプが変わってて驚きでした。高校生バンド「The Sessions」の加瀬くんのお父さんから寄贈されたようです。イヤーよくなるアンプだったわー。ありがとうございます、加瀬君のお父さん!

さてさて、今度はいつやるかな?
今度はもっといい演奏ができるように、普段から練習しておくかー!

| | Comments (6) | TrackBack (0)

MYST. ワンマンライブ at 「もんてん」(門前仲町)

MYSTMonten20041128.JPG

つい最近「ライブ紀行」のblogでも紹介しました「MYST.」というバンドです。インディーズで活躍してるバンドですが、結成から一年ということで、11月28日(日)に都内のホールを借り切っての初のワンマンライブがありまして見にいきました。
バンドの詳細は前に「ライブ紀行」で書いたとおり、侍装束で意表をつきながらも、キャッチーなメロディーとノリのいいボーカルが印象に残る、正統派のポップスを聞かせるバンドです。

正直今まではこういったインディーズ系のバンドには全く興味が無かったんですが、このMYST.に関しては存在を知ってから気になることが多くて、

たとえば・・
ボーカル、声が唄が・・・ やさしい。きつい内容の詞でも、突き放さず引き込もうとするような声&唄・・
ニノさんのアレンジが印象的、=MYST.の音のイメージ
いいリズムを伴ったメロディーを持った曲が多い。
いいリズムで韻を踏んだ歌詞が心地よい。
侍装束とポップな歌とのギャップがだんだん心地よくなってくる。
しげそ氏のパフォーマンスが、だんだん・・・・

とまあ、聞くごとに見るごとに何かひとつづつ引き込まれる要素が増えていくんですわぁ。
面白いですよね。きっとこれから時間がたつにつれてMYST.も変わっていくし、それを見て楽しんで行くことが出来る。もっともっといい音を作っていいパフォーマンスをして、大勢の人に楽しいでもらって欲しいですね。
ボク個人的にはこうならんかなぁ、という希望はあります。演奏上もっと他の2人が前にでるとか、人数増やして全部生演奏でやるとか・・・ 今の構成だとちょと見てるほうも煮詰まっちゃいそうで・・・
来年2枚目CD出るそうです。この先どうなっていくかはわかりませんが、見守っていきたいです。

えっと、MYST.が気になる人はワタシニデンワシテクッダッサーイ♪

| | Comments (2) | TrackBack (0)

たまには音楽の話を・・

音楽系の記事は「勝手に推薦盤」と「ライブ紀行足の向くまま気の向くまま」の方に集結させていたのであんまりこっちでは書かなかったですが、たまには、という事で。

RollingStone.jpg

「勝手に推薦盤」の方でよくお世話になってますワルツさんの所の記事にTBです。(すいません、写真もお借りしました(^^;;)『 グレイティスト・ギタリスト 100選 of All time 』っつうのを米ローリングストーンズ誌がやったんですがその結果。(すいません、ワルツさんとこからのコピペです<手抜き野郎!)

1位 Jimi Hendrix(ジミ・ヘンドリックス)・・・神様!
2位 Duane Allman(デュアン・オールマン) ・・・オールマンブラザーズ ・バンド
3位 B.B.King(B.B.キング)
4位 Eric Clapton(エリック・クラプトン)ヤードバーズ、クリーム、クラプトン・バンド
5位 Robert Johnson(ロバート・ジョンソン)
6位 Chuck Berry(チャック・ベリー)
7位 Stevie Ray Vaughan(スティーブ・レイ・ヴォーン)
8位 Ry Cooder(ライ・クーダー)
9位 Jimmy Page(ジミー・ペイジ)・・・ヤードバーズ、レッドツェッペリン
10位 Keith Richards(キース・リチャーズ)・・・ローリング・ストーンズ
11位 Kirk Hammett・・・Metallica
12位 Kurt Cobain(カート・コバーン)・・・1994年、ニルヴァーナのリーダー、カート・コバーン、自殺。
13位 Jerry Garcia (ジェリー・ガルシア)・・・the Grateful Dead
14位 Jeff Beck (ジェフ・ベック)・・・エリッククラプトンの後にヤードバーズ、ジェフ・ベック・バンド
15位 Carlos Santana(カルロス・サンタナ)・・・ラテンとロックの融合
16位 Johnny Ramone(ジョニー・ラモーン)・・・2004、9/16、パンク・ロックのジョニー・ラモーンが亡くなったのは、記憶に新しい。享年55歳。
17位 Jack White(ジャック・ホワイト)・・・the White Stripes
18位 John Frusciante(ジョン・フルシアンテ)・・・レッド・ホット・チリ・ペッパーズ
19位 Richard Thompson(リチャード・トンプソン)
20位 James Burton(ジェームス・バートン)・・・エルビス・プレスリーのギタリスト。
21位 Geoege Harrison(ジョージ・ハリスン)・・・ビートルズ、ソロ。

いや、アメリカ人らしいというか、さまざまなジャンルから、まるで中華バイキングのようにいろんなギタリストが並んでます。
しかし意外なのがデュアン・オールマン、なんと2位! クラプトンを押さえてですね。やはりオールマンブラザーズというのは、その当時の人たちにとって偉大な存在だったですかね。ボクが物心ついたときには死んじゃってたしなぁ・・ 死んだせいで神格化されてるンかも・・・ スライドはボクはローウェル・ジョージ(リトルフィート)の方がすきなんですけど・・・ 名前ねーや・・・ こらっ!何しとんねン、アメリカ人!
ブルース系はロバート・ジョンソンが5位ですね。クラプトンが敬愛するだけの事はある。みんな好きなんだ。ちなみにバディ・ガイが30位だそうな。
しかし、ジミ、デュアン、スティービー・レイ、絶頂時に不慮の事故で死んだ人がトップ10に3人、やっぱり誰かが空の上で読んでるのか!?
ジミーペイジがサンタナよりも上、っつうのもおもしろいですね。アメリカ人なら逆かと思った。

うーん、やっぱバンドの花はギターよねっ♪

| | Comments (6) | TrackBack (4)

祭りのあとは・・・・・ また祭り?

shichirin.jpg

今日はNHCへらぶなトーナメント全国決勝in清遊湖の運営お手伝いをしてきました。寒いながらも皆さんたくさん釣って来まして、面白い大会でした。ワタシはあいてる時間釣りをしまして、2枚ほど釣って後は色々と楽しく遊んできました。

んで、清遊湖の後はお約束、「しちりん」での宴会です。(写真参照)Weed高橋社長、匠くん、いたるくん、とボクは濃すぎるメンバーに囲まれながら、ほとんど食べる口よりわめく口の方が多い感じでの宴会でした。終わったのは11時過ぎ、3時半起きだったワタクヒは11時頃に撃沈、帰りの車も大いに蛇行しながら、今無事に帰宅しました。

まあ、来年はちゃんと選手で出たいですね>清遊湖決勝大会

つうか、豚とろが程よく焼けてうまそうね>いたるくん(^^

| | Comments (8) | TrackBack (0)

水栽培

avocado.jpg

アボカドの種を発芽させると、観葉植物として育てられるとの話をききまして、チャレンジです。
アボカドは普段から主食替りに食ってますんで種には事欠きません。とりあえず水につけて根っこが出るのを待ちます。
結構むずかしいらいしく、発芽までには時間がかかるし、発芽にいたらないものも多いようです。
まあ、気長にそだててみます。

成長すると10m以上の巨木になるとか・・・
今からが楽しみです(^^;;

| | Comments (19) | TrackBack (0)

ラーメン/田舎屋(登戸)

inakaya.jpg

久々のラーメンねたです。んで、トンコツがずっと続いたんで、今日はさっぱりした奴を・・
ウチから車で10分ほど、津久井道沿い登戸郵便局対面にある「田舎屋」に行ってまいりました。噂によると○泉首相も行ったことがあるとかないとか・・ でも店作りはなんとなくコクのある味を感じさせるかも・・・
まずは最初ということもあってノーマルなラーメンをオーダー。魚っぽいのと野菜っぽい複雑でコクがある味がするスープに少し細めの麺がからんで、とてもいい感じです。麺とスープのハ~モニ~♪が心地よい。見た目あっさりでしたけど、結構食べたあとに充実感が残ります。さいきん脂っこいラーメンばかり食べてたので、こんなのもいいですねぇ。
メニューには鳥ラーメンもありましたので、今度はこれを試してみようかと思います。

うん、しかし小田急線、ラーメンは充実してるなぁ・・

| | Comments (8) | TrackBack (0)

「タノシイウツワ」稲毛だよ善人集合 野外コンサート/稲毛海浜公園野外ステージ

tanosi-utsuwa.jpg
<チャリティーで集まった人形たち・・・>


昨日は稲毛海浜公園で行われた「タノシイウツワの会」なる野外コンサートを見に行きました。
主催者はおなじみカモネギさん。相変わらずエネルギッシュに動いておられます。
会の趣旨は「世界平和」! イラク問題・チェチェンの紛争等きな臭い世の中、僕らは「武(戦)かう器」ではなく「楽しい器」で主張しようよ、と言うものです。
趣旨に賛同した以下のバンドが出演しました。

The yAlfee
The Bounds Jack
まつもとゆきひろ
The Corner
さばいばる伊藤
Heven's Blow
八束 徹
Misty Rouge
ムーズィカ・キオスク
King Joe

まつもとゆきひろさんは久しぶりですね。ArtieGarが見れないのでチョイ寂しいですが、相変わらずのアコースティックマンでいい感じでした。Misty RougeとKing Joeはいつもの通りか(^^; でもKing Joeは野外の方がノリがよくありません?ステージが広いとノリノリになるんでしょうか?ライブハウスじゃ狭い? そうそう、出店をだしたWood Stockさん、地鶏とカレーは相変わらず美味いです!
この日一番気になったのは八束さんですね。ギター一本でとつとつと内面を唄い上げる姿は、それまでの浮ついていた空気を凛と張り詰めたものに一瞬にして変えてしまいましたね。すごい存在感です。


「タノシイウツワ」ですけど・・ ボクが思うことです。

チェチェンの紛争そのものは宗教的な対立と民族主義が混沌とした中で起きているもので、ボクらが直接関わることは出来ません。イラクその他も然り。
また、今起きていることをヒロイックに扱ったり、浪花節にしてしまうのもナンセンスです。全ては否定すべき事実なのですから。

今ボクらがやらなくてはいけない事は、事実を知らない人に知らせること、戦争の悲惨さ無意味さを伝えること、そして「傷つけ奪い合うことはやってはいけない、戦争はいけない」ということを自分の子孫に伝えて行くことですかね、同じ過ちを繰り返さない為に・・ 「タノシイウツワ」が担う使命はそんな事だと思います。

八束さんが言ってた言葉が全てだと思います。
「物を提供できなくてもいい、手を差し伸べることができなくてもいい、まずは思うことからはじめよう。」

傷つけあうことも、奪い合うことも、悪なのです。たくさんの人がそう思うことが大事かと・・

二回目はいつでしょうか、楽しみです。>カモさん


(ライブ画像はココをクリック!)

| | Comments (4) | TrackBack (0)

「いた子会」例会ご報告~!

itako-kai.jpg
<入賞者3名と豪華商品?うらやましそうに見上げる北さん>

え~皆様お待たせいたしました、高齢、もとい恒例の「いた子会」例会のご報告です。
まずは成績発表!


一位:若ちゃん(7840g/14尾 注:「幻の魚」を除く)
二位:高津君(7760g/14尾)
三位:いたるくん(7060/11尾)
四位:北さん(6010/11尾)

長尺の竿でガンガンと大物を上げ、北さんのスレ魚に仕掛けを破壊され短竿の使用を余儀なくされながらも淡々とつり続けた若ちゃんが栄えあるウイナーとなりました。途中で魚がいないのに自動計量器が110gの魚を計量する幻の魚事件もありながらの、価値ある勝利です。(^^/
二位高津君はさすがベテラン(歳は一番若いが・・)、午前中は浅棚で、午後は長竿のちょうちんでコンスタントに竿をまげておりました。
三位いたるくんはなぜか午前中得意の浅棚が不発ながらも、午後底釣りで怒涛のマクリ!入賞圏内までこぎつけました。
四位北さん、短竿のちょうちん、浅棚、底釣りと手を替え品を替え攻めるも、決定打がでず撃沈です。(^^;;

入賞者の皆様は北さんの車のなかにタマタマありました豪華商品(あまり物とも言う?)を授与されましたです。よかったネ(^^

しかし、椎の木湖はいいとこですね。
水面は広いし、桟橋も広いし、クラブハウスはキレイだし、メシは美味いし、とんかつ定食は分厚いし、飲み物販売のお姉さまはキレイだし、ホットコーヒーはドリップモンだし。コリャ人気があるはずだわ。
桟橋の下には巨大なヘラが「エサくれよン」といいながらパクパクしてました。タマーにでる2kgモンはこいつらですね。

天気もよく釣り日和のなか参加者全員満足した釣行でした。さて次回「いた子会」例会はいかなることに?!乞うご期待!!

<以下、スペシャルランチを食べる若ちゃんと背後霊のイタコ>
itako-kai2.jpg

| | Comments (6) | TrackBack (1)

いい天気だったなぁ・・

seiyuko-hera.jpg
昨日は清遊湖で釣りでした。
ここんとこ週末は必ず天気が崩れてたんで、晴れてる日の釣りは久しぶりかも。
テントもいらないし、雨具もいらないし、ぽかぽかと暖かいし・・ 桟橋でのほほんと釣りをするには良い季節ですね。

魚は渋かったですね、魚の量以上に人が多いせいか、なかなかつれません。午前中は0尾、午後になって巻き返して6尾釣りました。上の写真(980g)もそのうちの一尾。ヤフオクで買った18尺のシマノ飛造りの竿おろしも無事完了。しっかりした感じでいい竿です。

昨日はBASS Pro Shop WEEDの社長、高橋さんに底釣りのレクチャーを受けながらやっておりました。やっと理屈と実体が頭の中で合体しはじめました。今年の冬は底釣りの練習すっかな。しかし、こないだ玉砕したカッツケといい、ヘラ釣りは奥が深い・・

しかしながら、18尺の底をやると浮きが見えん・・(^^; ボクには浮木の動きがほとんど見えなかったのに対面のギャラリーの間では、浮木の動きがすこぶる良いと大好評だったとの事。スコープ買おうかなぁ・・

木枯らしが吹くまでもうまもなくでしょうが、それまでは天気が良いといいですなぁ・・・

| | Comments (7) | TrackBack (0)

« October 2004 | Main | December 2004 »