« May 2005 | Main | July 2005 »

今度は、Comical Baton が回ってきたワ・・

さて、「Musical Baton」の記事を「勝手に推薦盤」に書いたらば、お次は「Comical Baton」なるものが回ってきましたヨ。マンガのバトンだって。今回はsatoさんのblogから、回ってきました。
映画のバトンもあるらしいけど、僕はほとんど全く見ないから、回ってこなくてラッキー(^^;。

では参りましょう、内容はほぼ同じ。

●今あるマンガの冊数
多分100~200の間かな?引越しの時にだいぶ捨てて、今残ってるのは、絶対に捨てたくない奴ばかり。(「3x3Eyes」とか「うしおととら」は古本屋にいっちゃったしなぁ)

●今一番読んでるマンガ
モーニングとスペリオルは大体いつも買ってるデスねぇ。オヤジが電車の中でマンガ・・ごめんヨッ!
気になってるのは、「医竜」、「青春の門」(五木寛之は好きなのです)、「あずみ」、「味一もんめ」かなぁ。「バーバーハーバー」と「かばちたれ」が連載終了は残念・・・

●最後に買ったマンガ
単行本はほとんど買ってないですね。
去年ヤフオクで「地球(テラ)へ」(竹宮恵子)を買ったのが最後かも・・・、それとも「サライ」(柴田 昌弘)かなぁ・・?

●よく読み返す、または特別な思い入れのある5冊。
こないだの「無人島マンガ」のエントリーとダブるナァ(w まあ、今日の気分で「思い入れ」っつうのを主題にして・・

1.精霊紀行(たがみよしひさ)
民話を主題としたミステリー。でも朴とつとした田舎の風景、ゆっくりと流れる日常の風景、素朴な恋愛の描写。ミステリーでありながら、それさえも歴史の中のほんの日常の一こまにしてしまう程の素朴さ・・ あぁ、ボクもこのなかのひとコマになりたいなぁ・・
 1970年代後半の作品群。たがみさん、当時20代前半。なんでこんな枯れた感じのマッタリした作品がかけるのだろう。画風のこの頃が一番よかった(って、デビュー直後ですが・・・)

2.Blow Up (細野不二彦)
最近、演奏活動が活発になってきたせいですかね、この本は手放せなくなってます。「お前は生まれたところに戻るために音楽をやってるンや。おれは生まれたところから離れて、遠くに行く為に音楽をやってるんや」ライバルのTP/SAX奏者との会話の一端ですが、これがこのマンガのひとつのテーマにもなってるですな。たいした理由はないけど、ボクもなにか理由があって楽器を弾いている。自分のヘタクソさにヘキエキしたり、バンドの運営が上手くいかない時に、このマンガでなにか原点に帰れるような気がします。

3.クレイジーピエロ(高橋葉介)
親が子を虐待する、子供が友達を殺す、親をバットで殴り殺す・・ 人間はみな狂気をはらんで生きているもの、いわばそういった狂気が薄皮一枚だけで覆われて生きているのかもしれないです。今の世の中に満ちている強い酸が、タマに弱い人の皮を溶かして、狂気がむき出しになってしまう・・・ そんな世の中なのかも・・・
クレイジーピエロはそういう作品です。ピエロは狂気の象徴、彼の行く先は暴力と破壊があるのみ。元は優しい子だったのに・・。こんな救いのないマンガも珍しいです・・

4.エリア88(新谷かおる)
おなじみ傭兵ものの飛行機マンガですね。出てくるキャラクターが、みなどこかしらハードボイルド、で自分の命と同じくらい義理を大事にする、渋くてカッコイイおっさんたちばかり。(ウマオヤの人たちはこういうのを読まないのだろうか?宝庫じゃないか(w)自分の男の子ココロを痛く刺激されます。(^^;

5.お~い竜馬(小山ゆう)
坂本竜馬は、やっぱり自分の中ではゆるぎない存在。その奔放で枠に入りきらない自由さとスケール感は、男として惚れこむべき対象だと思います。これを読むたびに「あぁ、男に生まれてきてよかった」と思うです。
竜馬関連はTV、マンガ、他媒体で色々とあったみたいですけど、武田鉄也のTVとこのマンガが自分にとっては一番イメージが近いです。(もち、原作もヨイです。(^^)

●バトンを渡す人

う~ん、考え中(^^;

| | Comments (3) | TrackBack (4)

日傘美人

20050624NatsuNoTabi梅雨だと言うのに、朝から強い日差し。
首の具合がまだよくないので、首輪つけっぱなしです。
むちゃ暑い(^^;

昨日会社の女の子に
「首だけ痩せそうや」
と言ったら、
「じゃその首輪、全身に巻けばいいですョー」
とカワイク言われてしまった(w

ちょうど会社に行くとき、
ウチの会社の別のお嬢さんが日傘をさして歩いていった。
細身の彼女とベージュの日傘がホンノリとマッチ。
松岡直也の「夏の旅」という曲をふと思い出した。

思えば、梅雨前から雨がザンザン降ってたし、
梅雨明けやらぬ間に夏のような日差し。

季節はギクシャクしながら、
中途半端に進んでるようですナー・・・




| | Comments (0) | TrackBack (0)

「百万人のキャンドルナイト」始まり・・

20050622CandleNight
前のエントリで言ったように、「100万人のキャンドルナイト」参加です。

昨日・おとといはこの時間に家に居ることができなかったので、最終日の今日参加。
ろうそくは10年前に買った奴。
芯がちびてたんで、ちょいと大変だったすが、緊急補修してなんとかつきました。(^^;
こうやってみると、ウチのアパートもちょと広くみえる。フシギフシギ。
しかし、適当な明るさが、ほっとした気分にさせる。
これが我が家の灯というもんか・・・

夜には昼間の明るさは必要ないんじゃないかな、
夜の明るさっていうのもあるんじゃないかな、

と思ってます。


ウチは「電灯を消してロウソクで灯かりを取る」が趣旨なので音楽はあり。
20050622ChildrenSongs
BGMはこれ。
「Children's Songs/Chick Corea」
やっぱりピアノソロがいい(^^

| | Comments (4) | TrackBack (4)

家で飲んでみる・・

最近あまり家でのんでませんね。
つうか、あんまり家にいませんね(w

今日も仕事から帰ったら、日付かわってるし・・
明日は普通に早いし・・

昼間にテラちゃんのblogみたら、おいしそうにグラスに注がれたビールが写ってたんで、今日くらいはビールのもかなーと思ってました。

で、帰りにFM横浜聞いてたら、ラムベースのコークハイの話をしてて、急に飲みたくなって、帰りにコンビニへ突入。

残念ながらラムはなかったので、安もんのウオッカをかってコークハイ。ウチはコップがなくて、何でもマグカップでございます。(^^;;

もうすぐ寝るし、とりあえずは、ほんのつかの間の幸せですワ

20050619coke


| | Comments (5) | TrackBack (0)

梅雨の風景

20050618ajisai

今日ちょいと天気がよいと思って外にでたら、えらい蒸してました。
帰ってきたとたんにエアコン入れたりしました。(^^;;

いつものことですけど、はっきりしない空模様です。降るなら降るで、しっかり降ってくれたほうが、気分が良いのですが・・

ウチの周りもアジサイが満開になってきました。うっとおしい天気のなか、これが数少ない楽しみの一つです。
栽培している家が多いせいか、たまに空き地でも自生してたりします。

本格的な夏がくるまでは、しばらくこれで目の保養・・

| | Comments (4) | TrackBack (0)

梅雨入り

20050612matsuri


梅雨ですね。
今年は連休あたりからぐずぐずしてましたから、知らない間に梅雨になった感じ。湿っぽいうちのアパートはちと大変。エアコンと除湿機クンにフル稼働してもらいましょう。
雨が降れば家に居る機会が多いし、まあそれはそれでよい事。(^^
写真は先週の末に、ウチの隣の神社であったお祭り。東京の通勤圏でありながら、こういう昔ながらの風情が残っているのもこの辺のいいところであります。夏にはまた夏祭りがあったりする・・

| | Comments (3) | TrackBack (0)

マチケン ライブ!(2005/6/7)

20050607machiken

先月に続き、昨日マチケンさんのライブに行ってきました。(先月ライブレポ

天に突き抜けるかの様な、唄いっぷりは健在でした(^^

落ち着いて見ると、とても不思議なユニット。
マチケンさんとナポさんって、スタイルが微妙に違う感じなのに、出てくる音はきっちりとひとつのイメージで浮かびあがってくる。
白と黒の絵の具を混ぜ合わせて、キレイに混ざって、それが灰色じゃなくてもっと立体的で透明な不思議な奥行きのある色になっている。
すごいですネ、やはり20余年の付き合いはダテじゃないですネ?(シツレイ(^^;

昨日はナポさんのバースディ記念ライブ。なんとゲストにハーピストのヒロ西村さん。至近距離で見る事ができたし、とってもお得なライブでした(^^

でも、何度も繰返し見たくなるライブってのも貴重だなぁ。
来月は7月12日(火)新宿マローネだそうです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

百万人のキャンドルナイト

candle

「夏至の夜、少しの間だけ電気を消して、ろうそくの火で過ごしてみよう・・」
友人のblogで見っけたものです。
こんな企画が数年前からあるらしいっすねぇ。

今年は参加してみようかなぁ・・

真昼の明るさが夜まで侵食し始めたのは、長い歴史のなかで、多分つい最近の事だとおもう。
きっと皆まだ覚えているんじゃないか、夜の暗さ、怖さ、深さ、そんなときの隣人の暖かさ。
忘れないうちに思い出して、ココロに留めるのもいい事かもしれない。
できれば、次の世代にも引き継いで・・


-------- 以下HPより転載 ---------------------------------------------------------

私たちは100万人のキャンドルナイトを呼びかけます。
2005年の夏至の日、6月21日夜、8時から10時の2時間、
みんなでいっせいに電気をけしましょう。

ロウソクのひかりで子どもに絵本を読んであげるのもいいでしょう。
しずかに恋人と食事をするのもいいでしょう。
ある人は省エネを、ある人は平和を、
ある人は世界のいろいろな場所で生きる人びとのことを思いながら。
プラグを抜くことは新たな世界の窓をひらくことです。
それは人間の自由と多様性を思いおこすことであり、
文明のもっと大きな可能性を発見するプロセスであると私たちは考えます。
一人ひとりがそれぞれの考えを胸に、
ただ2時間、電気を消すことで、
ゆるやかにつながって「くらやみのウェーブ」を
地球上にひろげていきませんか。

2005年、6月21日、夏至の日。よる8時から10時。
でんきを消して、スローな夜を。
100万人のキャンドルナイト。

| | Comments (10) | TrackBack (3)

アボカド育ってまっせー!

20050601abocado1
以前のエントリーで発芽したのをお伝えしていたアボカドですが、暖かくなったとたんすくすくと成長しまして、この写真のような姿となりました。(後ろにCDを置いて比較してみました♪)

たぶん、全部で15個くらい試したと思いますが、芽が出たのは4本。ウチ3本が土植え、水栽培では1本だけでした。まあ、冬越してやったんで、季節が悪かったのもあるけどね。

つうわけで、これからこの4本を育てていかにゃいかんのですが、油断すると10mの大木になるとか。摘芯したりすれば良いらしいですナ。今度やってみよっと。

とりあえず、親玉が今43cm(^^
20050601abocado2


| | Comments (9) | TrackBack (0)

« May 2005 | Main | July 2005 »