« September 2005 | Main | November 2005 »

秋深し、ムニロの夜は更けて・・

寒い夜はイベリコ豚で暖をとりたくなる・・・
つうワケで、「食う軍」のオフ会がまたもや笹塚は「ムニロ」にて開催されました(^^
20051029muniro2
今回も約15名ほど、首謀者Kisshさん夫妻、ケロ司令、shihoちゃん、ブランクさんまめ13さんヨギチョギさんご夫妻びんびんさんご夫妻、xさんご夫妻、よもださん、そしてインド宮廷料理「スワガット」の社長エリさん夫妻!
おーご夫婦が多いなぁ、一人モンはちとうらやますぃ・・
xさんとこのお子さん二人もやんちゃだけど、かわいいのよねぇ(^^
でも、ケーキは手でつかんで食べちゃだめだヨ♪
そうそう、「スワガット」話きいたけど、むちゃうまそうですよ、自家製の釜焼きナンがキモだそうです。(^^
ケロさん、そのうちウチのボートで釣りいきましょうネ。

kisshさんが大々的に宣伝するので、いまや食う軍では東京名所と化した「ムニロ」ですが、お味は最高ですね。
20051029muniro1
(デジカメ忘れていったんで、画像は前回のです(^^;)
イベリコ豚はKisshさんがシェフとご友人との事で、今回のスペシャルなのですが、先日行ったときのパスタのセットも最高にうまかったなぁ。今日のペスカトーレもムール貝がおもいっきり入ってたし(貝が嫌いなのに、ムール貝とカキだけは食える変なワシ(^^;)
絶対に食いきれないと思って、11時頃に遅い朝飯食った後は何も食わずに着ましたが、正解だったな。もうぎりぎりだった・・・ 胃袋の制限水位ぎりぎりだった。とりあえず次の日は昼まで何も食いませんでした(食えませんでした)。

いや、でも遅れて行ってすいませんでしたね。今月初にコケたウチの販売システムのリカバリーをしてから行こうとおもったら・・・、データベース壊れた・・・orz 復旧に次ぐ復旧を重ねて、何とか会社を出たのが6時前でした。すんまへん・・・

しかし、いつもご苦労様です、Kissh番長。今度はボクがおごりますから、どっかうまいとこ連れてってください。(他力本願かヨ(^^;)

皆様、ご苦労様でした。またお会いしましょう♪

P.S.
そうそう、よもださん、お土産の「大手饅頭」ごちそうさまでした。
とてもおいしかったです。
既に胃袋に行った為、画像なしですスンマセン。

xさんからいただきましたコレ、
名古屋名物(?)「献立色々味噌」!
20051029muniro3

むっちゃたのしみですワー!

| | Comments (11) | TrackBack (3)

なのにアナタは名古屋にゆくの・・

このタイトルに反応した人は、立派な中年です(w
(チェリッシュのデビュー曲だしねぇ・・)

で、話は歌謡曲とは関係ないのですが、土曜日に名古屋に行ってきました。
バンドの名前は「West Side Blues Hours」、場所は名古屋の「Slow Blues」。
20051022WSBH2

今回は「食って聴いてツアー」でしたなぁ・・

*----------------------------------------------------*

12時過ぎに名古屋到着。750円の焼肉定食を食ったですが、これが量が多くて、肉も良い! 東京なら軽く1000円はする量。で、カルビも赤身が一杯!

20051022wsbh
6時頃に名古屋市内にありますブルースバーの「Slow Blues」に到着。リハが終わってから「風来坊」という飲み屋に繰り出す。で、ここの手羽先がむちゃ美味い!「やめられない・とまらない」とはこのことか!甘辛の味付けにゴマをまぶした手ごろな大きさの手羽先が山盛り。10人くらいでいったけど、多分30人前以上オーダーしたような気がする・・

*----------------------------------------------------*

20051022WSBH3
さて、演奏。
「West Side Blues Hour」は東京・名古屋・大阪のブルースマンの混成セッションバンド。
しかしながらその音はどんなパーマネントバンドにも負けないくらいの一体感と主張が感じられます。

トリプルギターというブルースバンドではあまり類を見ない構成ながら、アンサンブルは乱れることなく、むしろ厚みを増すばかり。

3人のギタリストの見事なアンサンブル。まるで曲芸飛行の飛行機の様に、お互いつかずはなれず、かわるがわる主役を交代しながら、常にひとつの軌跡を描いているようでもありました。3本ギターがいても、けして乱れる事はない。聴けば、リハではお互いの役目を口頭ではほとんど確認せずにやってるとの事。皆さんのセッションで鍛えられたツワモノの方ですからこんな芸当ができるのでしょうかネ。

ドラムの北田さんはビシッビシッと楔を打つように、スティディーにそして鋭く深くリズムを刻みこむ。それに万太郎さんの、太くてすこしブーミーなべースが、大ヘビが地を這うように大きなうねりでそのプレイを支える。

すこし硬質な感じのリズム隊に熱いギターが乗っかって、暑さと冷たさを同時に感じる妙な感覚が心地よかったですね。

ゲストの新田ゆうこさんのボーカルは感動もの。声一発で人を感動させるすばらしいボーカリストです。KOKOKAYOさんのハープ・ボーカルもそんなバックに盛り立てられてか、いつもより切れが良い。ちょいとエッジの立った鋭さも感じたりした・・

「West Side Blues Hour」メンバー
B:ストーミー万太郎
Dr:北田太一
G. Vo.:マドモアゼル山本
G. Vo.:デカスー鈴木
G. Vo.:フェイス金岡

ゲスト:Vo.新田ゆうこ、Harp.Vo. KOKOKAYO

いいバンドですね。東京にも来てくださいよ・・

*----------------------------------------------------*

その後お世話になったお宅で晩飯。味噌煮込みおでん最高!甘辛の味噌だしに、ちくわやごぼ天がむっちゃ合う!赤ミソはすばらしい!名古屋最高!!! 
この対極の東京から持ち込んだの鶏大根も美味い!鳥のアジがしっかりしみた大根が美味い!!
両方交互に食べるともう至福!!

あぁ、うまかった・・・

*----------------------------------------------------*

名古屋、食と音の旅・・・
あぁ、よかったなぁ・・・満喫した・・
また行きたいヨ(^^;

| | Comments (4) | TrackBack (0)

「渋谷のサンマ」(サンマとバグパイプとブルースと・・)

いつも楽しいライブを見せてくれる実力派エンターテイメントブルースバンド(?)のKing Joeですが、なんと今回は「サンマでディナーショー!」
旬のサンマを味わいながらのブルースショーと言うことでした。

10月15日(土)、渋谷はラブホ街のほぼ中心に位置しますブルースバー「テラプレーン」に行ってきました。
この「テラプレーン」良く知らなかったのですが、なぜか魚がうまいところ?カモさんのMCを聴いてますと河岸の関係者の方なんですかね?この日のディナーショーのメニューは、
 サンマの塩焼き
 サンマの味噌煮込み
 サンマご飯

とサンマづくしでした。
20051015sanma
さすが旬のサンマ!むちゃうまかったー!


20051015kingjoe
演奏は相変わらずですね。最近は「根本さんのベースがよくグルーブするなぁ」と思いつつ聴いてます。ノビさんのパワー一杯でスイングするドラムと宴会芸もいつも通り抜群の切れ!場所の雰囲気やお客さんが良かったのか、カモさんもリラックスしててやってた雰囲気でしたねぇ。
じあむさんのアコピはかっちょいい。エレピより相性がいいんじゃないっすか?
そうそう、たかっちゃん、体調もどったかな?よかったよかった。

20051015bugpipe
ゲストもおもしろかった。
東京ハミングバードのギタリスト、石田ヨースケさんのギターがカッコ良かった。「これぞブルース!」という思い入れたつぷりのプレイに目が貼り付けになったすよ。ハミバ見たことないしなぁ。今度いってみよっと。
加藤健二郎さんのバグパイプは2回目。おもしろいなぁー、バグパイプ。これが生で見れるのも、King Joeライブの特典かしらん。

最近やっと、ブルースも曲名と曲が一致し始めて、今日はなかなか楽しめました。

今度はクジラ祭りでやってくれませんかね?>カモさん

| | Comments (2) | TrackBack (1)

暖を取る?

20051005Nuko
いつの間にか10月になりましたが・・
今年は急にガンっと冷え込む事がなく、いつの間にか秋めいてきた感じですかな?

知らぬ間にシャツは長袖になってるし、
知らぬ間にスーツの上着着てるし、
知らぬ間に家のエアコンは動かしてないし・・

こないだまではエアコンをガンガンかけて、汗かきまくってたのにねぇ。
今日はちょっと湿気はあってそう寒くも感じませんが、大陸の高気圧は結構涼しい空気を携えてきてるらしい。

今朝ちょいと早めに出勤すると、道すがらネコが駐車したばかりの車のボンネットで暖を取っておりました。こいつは季節の変わり目を知るのが早いのか?
カメラを向けると世間話がしたいのか、ウニャウニャ言っておりました。

つうワケで、じわじわと季節は進んでいくようです。
皆様風邪なぞ召さぬよう、ご自愛のほどを・・・・


| | Comments (2) | TrackBack (0)

« September 2005 | Main | November 2005 »