« January 2006 | Main | March 2006 »

早起き

20060217Roppongi


朝4時半に起きて渋谷経由で六本木。
朝はヒルズのたもとでコーヒー休憩・・

今晩は帰りは多分深夜2時か3時頃かな、
明日も出勤なのに、ええんかぃっ!!(^^;;

いろいろとやる事が多いです。身体が三ついる(^_^;)
まあ、三分の一は遊びなので、自業自得ではありますが・・
とりあえずあと一ヶ月だな。要件が片付いて時間ができたら、どっか旅に出よう・・

| | Comments (6) | TrackBack (0)

雨に想う・・・

20060203Natsuko


昨日は雪が降ったりしてましたんで、雨の話なぞ「ネボけてる」のかと怒られそうですが・・(^^;

先週ですね、池尻にあります「Chad」という店に近藤ナツコさんを見に行ったのですヨ。(近藤ナツコさんについては、「ライブ紀行」を参照)

今日は「フォースピリッツ」と言うユニット。町田謙介、藤原美穂、近藤ナツコ、ボブ斉藤、と結構すごい顔ぶれ。もちろん十分に堪能させてもらいましたヨ(^^;

実は、最近は公私ともども色んな事があって、ちとヘロヘロ気味ですが、近藤さんの歌声は、こうなんか細胞の隙間に甘露のように染み込んで来て、すこしキモチが浮上できる・・

で、また唄ってくれましたコブクロの「ココにしか咲かない花」。いい歌ですよね。今日特に気になったのはココ。

「雨上がりの道は泥濘(ぬか)るむけれど 
今ここに 生きている証を刻むよ

「どうかこの涙を しおれかけの花に 
喜びの彼方でもう一度咲けるように」

悲しい雨、寂しい雨、憂鬱な雨、なんだかこうダウナー系のイメージが強い雨ですけど、ホントは乾いた大地に潤いを与えてくれる存在でもある。それは生を育む源泉でもある。

こないだ、一週間ほど前に雨が降ったときにね、雨の街を見てて、あんまりいやな感じがしなかったんですヨ。職場で結構疲弊して、退社時に会社のドアを開けたとき、そぼ降る雨をみて「あー、よかったまだオレは生きてるよ」となんか生の実感見たいなのを感じたんですワ。

すごく原始的な感覚で、ホントに本能に近いような感情だったですけどね。コンクリートジャングルのなかで、乾いたホコリにまみれながら過ごすと、ココロがささくれだつんですかね。
雨がココロの中にまで染み込んでくるわけでないけれど、でもすこし暖かい雨を見てたら、ココロが湿気を帯びてくるようにもかんじたス。

今日の近藤さんの声も、そんな暖かい雨のようだったス。
またタマに見に行こう。そうやって、自分自身に水をやらねば・・・

| | Comments (3) | TrackBack (0)

« January 2006 | Main | March 2006 »