« August 2006 | Main

気は病から?

213705350_1381

前にちょっとお話しましたが、中程度の「睡眠時無呼吸症候群」と診断されまして、現在医者から治療器具をもらい治療中です。
どんな治療機器かというとですね、写真のように寝る時に鼻に装着して空気を送り込む機器なのです。
「CPAP」(シーパップと呼びます)と言う機器です。寝ている時に気道がふさがって無呼吸を誘発するのですが、この機器で空気圧で気道を夜中の間ずっと開けておくわけですワ。
いや、正直かっこ悪いので、今のところ寝姿はだれにも見せられんスな、うはは。

この病気、要は夜全く睡眠が取れなくなるわけで、現れる症状としては、
 昼間の強烈な眠気
 無気力(身体が睡眠を要求して新しい事をやる気が起きない)
 集中力の欠如(同様の理由で一つの事に集中できない)
つうのがあるのです。
長い間続くと鬱を発症するそうですが、ボクはそこまで行かなかったみたいです。ただ、気分的にネガティブになる事は結構多かったので、コントロールするのにはちと苦労しました。

で、この機器、劇的に効くのですね。

使った翌日から、昼の眠気は全く無くなりました。

今までは、夜に仕事から帰ってから座ってPC見てるだけで「ウタタネ⇒朝が来る」のパターンでしたが、今は家帰ってからライブの仕込みしてから寝る、ってのがちゃんとできる様になったす。ベースの練習もはかどる。

仕事の方も、いままで書類作ってると1時間くらいで集中力切れてきて、すぐに自主休憩を取ってたのですが、ここ数日は退職の為の引継ぎ資料作成がとてもはかどってます。朝から夜の残業まで、ばっちり集中力が持続してる。


こうやって効果が出てくると、健康な身体ってのはホントに大事なもんだと思いますワ。身体の調子が悪くて気分が落ち込むだけで、自分の人生の大事な時間をずいぶん無駄にしてたと思います。

いままで、医者が嫌いでよっぽどの事がないと病院行かんかったです。実は、今回たまたま会社の健康診断で医者に気まぐれに聞いた事が治療につながったんですヨ。
こうやって「調子が悪い」と思ったら、すぐに医者と相談したほうが良いですな。自分の健康ってのは自分から積極的に求めなきゃいかんのですね。

さて、次は・・
痩せにゃ・・・・(^^;;;

| | Comments (13) | TrackBack (1)

« August 2006 | Main